小児科ならではの難しさ

小児科の看護師の仕事は純真な子供と触れ合えることから、人気のある仕事である。
ところが、実際に小児科で看護師として働くと、その理想と現実のギャップに愕然とする仕事ともいえる。
病気の子供というのは元気な時と違い、ぐずることも泣き出して暴れることも日常茶飯事だ。点滴や注射を嫌がることはもちろん、点滴の針を勝手に抜いてしまうこともある。
薬を飲むことを拒絶しても、怒らずに根気良く説得しなくてはならない。
大人と違ってその子供たちに診察や治療を行うために毎日、予測がつかないアクシデントと相対することになるのだ。
他の科から小児科に移動したばかりでは、これまでの経験が通用しないことが多いと思う。
これは小児科という大人と違う症状の進み方や、小さな医療器具を扱うことの難しさに圧倒されるためだ。
仕事の量は増えることも分かりきっている。
小さな医療器具を扱いは時間が掛かるが慣れるしかない、その扱いに慣れる事は医療器具を取り扱う技術が高くなるという利点も得られる。
そして小児科で子供に対応することで、どんな状況でも的確な判断ができる応用力が身に着くと考えて、努力することも良い励みとなるはずだ。
なによりも子供とのコミュニケーションが、小児科での看護師の仕事では重要となる。
何気ない会話のほかに折り紙やお絵かきを通して、治療の内容を説明すると子供たちも理解して怖さを半減させられる。
また、病気の治療ばかりではなく、気持ちを明るくしてくれる七夕やクリスマスのイベントを企画することも大切な仕事といえる。